奈良県社協 アクティブケア研修2日目

昨日は、奈良県の県社協のアクティブケア研修の2日目でした!

1回目は「介護計画」でしたが、今回は「介護技術」がテーマ

以外と職場内研修で「介護技術」が取り上げられることが

少ないのが現状のようだぁ

ということは、介護福祉士等の専門学校やヘルパー講座

等での実技講義以外で学んだっきり・・・?

と言う職員も多い。

であれば・・・

自分自身で介助場面で“腰が痛い!”と

言った経験をした際に、“何か他の方法はないのかなぁ~”

と自分自身で考えて工夫するのなら良いが・・・

そうでないと、“これ以外にない?”と周りの職員を

見回してもやはり同じような介助方法・・・

結果として・・・

腰痛や腱鞘炎といった介護従事者特有の悩み

を抱えてしまうことになる可能性大!

・・・

・・・

介護の学校等で学ぶ介護技術も方法の一つ・・・

そのうえで、正しい介護技術がある!

介助方法(介護技術)には理由がある!

介助方法には気をつけなくてはいけない点がある!

・・・

と、色々考えたら・・・

貝塚式介護技術となる!(自画自賛!笑)

・・・

今回は年末の姫路市での研修に引き続き

強力な助手を従えて

   ⇓

よく見かける介護技術、貝塚式以外も

様々紹介・解説しました!

・・・

で、貝塚式介護技術研修は無事終了!

参加者のみなさんどうでしたかな?

次週の最終日も助手再登場決定!!

・・・

自分の健康管理にもなる!

利用者が楽で安心な方法はあるのです!

(※実績コーナーに写真アップしました!)

2件

この記事のコメント・トラックバックRSS

  1. お疲れ様でした

    先生の実技研修受けてみたいなぁ
    (*^_^*)
    なんてミーハーはいけませんね
    失礼しました

    機会がありましたらぜひ、お伺いしたいです。
    これからのますますのご活躍に期待しています。

  2.     強力を目指している某助手でございます。今はまだ協力?の段階です(笑)
    研修お疲れ様でした、助手として参加させて頂き、関係している皆様に感謝感謝です。
     研修が進むにつれて「なるほど!」「おー!」と歓声と熱気が上がっていましたね。皆さんの、この仕事に対する真剣・好きな気持ちがそうさせたのでしょうね!!研修生は、現場で指導的役職をされている方々がほとんどで今回、「考える介護・理由がある理論的な介護」貝塚式の介護技術を持ち帰って頂けた事は、同じ介護に携わる者として心強く思います★様々な所で目の前の、ご利用者の生活がより良く変わって行くといいですね!!来週もよろしくお願い致します!!

===== この記事にコメントする =====

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA